第3回創健フォーラム
 

口呼吸を考える

口呼吸を慢性的に続けていると顔や歯並びの形態的変化だけでなく全身への悪影響も出てきます。
「口呼吸はなぜ問題なのか」「全身の疾患とどのような関連があるのか」「習慣化してしまった口呼吸を鼻呼吸に戻すことができるのか」
歯科、医科の4人の専門家をお招きし講演していただきます。
講演後の懇話会ではテーブルを囲んでそれぞれの講師と自由に話し合っていただけます

日時: 平成22年10月10日(日) 9:15-16:45(受付9:00より)
会場: 日本歯科大学九段ホール(地下1階)

このフォーラムは終了致しました。

水野 均 歯科医師
元開 富士雄 歯科医師
水野 均 歯科医師
元開 富士雄 歯科医師
今井 一彰 医師
堀田 修 医師

プログラム (内容をよりわかりやすくするため講演の順番の一部を変更いたしております)

1部

9:15開場
9:45開会

10:00
●「なぜ口呼吸になるのか?」- 生物学的な見地から「口呼吸」に対する解決法を考える -  
講師  元開 富士雄
横浜市青葉区開業 保育歯科医

11:00
●「口呼吸」 - 口呼吸は顔の変形を起こす -
講師 水野 均 
長野県上田市開業 矯正歯科医 

12:00昼食

13:00
●「口呼吸と全身疾患」-内科医の立場から-
      「視点を変える医療へ」
講師  今井 一彰 
福岡県福岡市開業 内科・リウマチ科・アレルギー科 

14:00
●シンポジューム「口呼吸は万病のもと?」
基調講演 「IgA腎症と口呼吸」 堀田 修 IgA腎症根治治療ネットワーク代表 腎臓内科医 
シンポジューム座長 堀田 修 シンポジスト 元開 富士雄 今井 一彰 水野 均 

2部

15:40
グループ懇話会 懇談・相談担当者 元開 富士雄(保育歯科医) 今井 一彰(内科医) 堀田 修(腎臓内科医) 水野 均(矯正歯科医)

16:45
閉会

 



DVD購入

このフォーラムのDVDはこちらでご購入いただけます